AMEK‐TAC 350オーバーホール②

先日からTACのオーバーホールをやっています。オーバーホールを進めていくとやはり出てきました。完全に動作不能なパーツが…
だめなパーツはマーキングしておいて交換します。
フェーダーをばらして内部に溜まっている埃と汚れを洗浄します。
フェーダーはアルプス製の物が入っておりメンテナンスがとてもしやすい設計になっていて
オーバーホールがしやすかったです。洗浄前は嫌なガリ、ひっかがりが出ていたのですが
洗浄によって改善されスムーズな動き、ガリの症状はなくなりました。
勿論、各Chのパネルも綺麗に磨いてオーバーホールを進めてます。
よく内部はやってあるが、パネルは汚いままでオーバーホールをする会社がありますが
どうせバラすのであればパネルも磨きなさいよ!と思います。
引き渡すときにお客様が「綺麗になった~」と思ってくれるようにやってます。
長年の埃、油、ヤニ、汗などで完全にシミになっている汚れは完全に落ちませんが
やったのとやらなかった物は一目瞭然です。
やり終わった時の自分の気持ちも違いますしね。
今日もがんばってやります。

STAFF;ゆう

Comments are closed.